便秘の原因−食物繊維不足と腸内環境

スポンサードリンク

便秘に効く食べ物といっても、あなたの便秘タイプにあっていなければ便秘解消につながりません。便秘は主に食物繊維不足と腸内環境が悪化していることが原因です。この2点に注意して生活環境・食習慣を見直して、自分の便秘タイプをまず把握してみましょう。

便秘タイプ@ 間食・おやつ好き

食物繊維:不足  腸内環境:良くない

このタイプは間食・おやつの量が多く、食事量が少なかったり菓子パンやケーキなどを食事代わりにする人の便秘に当てはまります。食事量が少ないので必然的に食物繊維の摂取量が少なく不足します。お菓子には糖分・脂質が多く含まれ、それは腸内の悪玉菌が増える原因です。腸内環境が悪く食物繊維が少ないので、便が作られにくいうえに出しづらいというダブルパンチです。

便秘タイプA ダイエット慢性化

食物繊維:不足  腸内環境:やや良好

このタイプは日頃からダイエットに気をつけている若い女性が陥りがちなタイプです。ダイエットのために食事量が少ない、穀物を減らしがちなため、食物繊維が不足してお通じにつながる量の便が作りづらい状態です。
食事のバランスはある程度良いので腸内環境は悪くはありません。便が作られる環境にはあるけれど、量が足りないので、なかなか出てきません。便が腸内に停滞すると段々硬くなってこびりついてしまうので、便秘に効く食材でカロリー控えめのものを多く摂るようにすればすぐに改善できます。

便秘タイプB 食いしん坊

食物繊維:足りている  腸内環境:良くない

このタイプは、いわゆる「食べるの大好き♪」な人に当てはまります。食べてる量の割りにお通じは少なめというタイプ。食事量が多いので食物繊維はいろいろな食品から摂取できているはずです。
しかし、食いしん坊タイプは一般的にコレステロールが高い食事を好みます。高脂肪・高たんぱくで魚より肉好きが多いのでは?高脂肪・高たんぱくの食事は腸内に悪玉菌を増やしてしまい、腸が便を押し出す働きを滞らせてしまう原因になります。

便秘タイプ別に効く食材

上で説明した便秘タイプのどれに当てはまりましたか?
私は・・・@です。一人暮らしのせいもあって食事を作るのが面倒で、お菓子ですませることもよくありました。便秘は腸だけじゃなく全身の健康に関わることなので、甘くみてはいけません!

便秘タイプ@の解消法

間食・おやつ好きの便秘タイプは、当然ですがまず食生活を変えること!そして食物繊維をきちんと摂ることですね。
このタイプにお勧めの食材は
『納豆』
『ドライフルーツ』や『果物』
です。納豆100g中に食物繊維は7g弱含まれています。ドライフルーツは食物繊維も豊富で、菓子パン・スナック菓子・チョコレートなどの間食をやめて口寂しいときに満足感を与えてくれる助っ人になります! 果物ではミカン・リンゴ・キウイなどに含まれるペクチンが腸内の悪玉菌を減らしてくれます。腸内細菌の種類・バランスを整えてくれるオリゴ糖が豊富なバナナもお勧めです。

便秘タイプAの解消法

食物繊維が足りない慢性ダイエットタイプの便秘にお勧めの食材は
『玄米ごはん』
『オールブラン』(ケロッグのシリアル)
です。玄米はいわずと知れた健康食ですね。ビタミンB群やミネラルが豊富に含まれているので腸の代謝機能が高まります。玄米ご飯より手軽に食べられて、摂取できる食物繊維の量もぐぐっと多くなるのが、シリアルのオールブランです! シリアルにも玄米フレークってありますが、小麦ふすまで作られたオールブランのほうが1食分で取れる食物繊維量は10倍近く違います。このタイプには朝食はヨーグルトよりオールブランのほうがダイエットにも効果的ですよ。

便秘タイプBの解消法

食事量は多いのに、お通じは少なめなタイプBの便秘にお勧めの食材は
『ヨーグルト』
『バナナ』
『野菜』
です。タイプBの便秘の人は、流行の朝バナナ・ダイエットが合う人なんですよね。でも朝はバナナだけじゃなくてプレーンタイプのヨーグルトを食べるといいです。他には食べない!乳酸菌が腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やしてくれます。
食事量は多いけどバランスが良くないことが多いので、できるだけ野菜を多くとるようにすれば、糖分・油分の吸収が抑制されるだけでなく、便が出やすくなります。

スポンサードリンク

便秘には食物繊維?

便秘=食物繊維をとればいい、というのは間違ってはいないけど正解というわけでもないんです。どういう便秘タイプなのかによっては、食物繊維をとってもお通じがないこともあるんです!

スポンサードリンク

便秘に効く食材